簡単なスクリプトで自動的にMySQLデータベースをバックアップ

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrEmail this to someone

まずはそのバックアップ用のディレクトリーを作ります

mkdir /home/example_user/MySQL_Backup
mkdir /home/example_user/MySQL_Backup/script
vim /home/example_user/MySQL_Backup/script/backup.sh

ここでスクリプトの本体を入力します

#!/bin/bash
BK_PATH="/home/example_user/MySQL_Backup"
DATE="`date +'%m%d%Y-%H%M%S'`"

CONFIG_PATH="$BK_PATH/script"
DB_USER="root"
DB_PASS="mysql_password"
DB_TOBACKUP="to_backup.txt"
LOG="log.txt"
LOGDATE="`date +'%m/%d/%Y-%H:%M:%S'`"
DELETE="delete.txt"
FTP="ftp://ftp_user:ftp_password@ftp_server.domain.tld/MySQL_Backup/"

echo "---------------Backup Starts @ ""$LOGDATE""---------------" >> $CONFIG_PATH/$LOG

echo -----Backup----- >> $CONFIG_PATH/$LOG
cat $CONFIG_PATH/$DB_TOBACKUP | while read LINE
do
        mysqldump --opt --force -u$DB_USER -p$DB_PASS $LINE > "$BK_PATH/""$LINE""_$DATE.sql"
        echo $LINE >> $CONFIG_PATH/$LOG
done

echo -----Delete----- >> $CONFIG_PATH/$LOG
find $BK_PATH -ctime +7 -type f -name "*.sql" -print > $CONFIG_PATH/$DELETE
cat $CONFIG_PATH/$DELETE | while read LINE
do
        wput -nc -t 10 --basename=$BK_PATH/ $LINE $FTP
        rm $LINE
        echo $LINE >> $CONFIG_PATH/$LOG
done

echo "---------------Backup Ends   @ ""$LOGDATE""---------------" >> $CONFIG_PATH/$LOG

自分でデータベースやFTPサーバーなどの情報を編集することを忘れないように


次はバックアップするつもりのデータベース名を指定します

vim /home/example_user/MySQL_Backup/script/to_backup.txt

1行に1つの名ずつを書きます。

database_1
database_2
database_3

そしてバックアップスクリプトに実行の権限を与えます

chmod +x /home/example_user/MySQL_Backup/script/backup.sh

最後には

crontab -e

でcronスケジューラを呼び出して、

0       4       *       *       *       /home/example_user/MySQL_Backup/script/backup.sh

を追加して保存し終わってcronを再開します

sudo service cron restart

これで指定したデータベースは毎朝四時に自動にバックアップされます。更にスペースを節約するために、一週間前のバックアップファイルはFTPサーバーにアップロードされて削除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です