高杉さん家のおべんとうってやっと皆の望んだ結末に辿り着いた

It's only fair to share...Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookShare on TumblrEmail this to someone

バレ注意

途中には何度もダメだと思ったけど、漫画の中の二人はやっと一緒になってきたね

そういえばこの前、高杉さんのフランスの旅が決まった時、この二人はやっぱり縁がないと思ったんだ。その上、久留里の揺れる気持ちもとても心配だったね。
その時期には、久留里に対しての繊細な気持ちの描写は幾つもあった。一方、久留里自身の気持ちは時が経つに従って、ますます強烈になっていく;一方、もしその感情を打ち明ければ、高杉さんの答えに対しての不安、またその後のことに対しての恐怖も、どんどん強くなる。「デート、恋とはどんなものかしら」の言う通り、恋はやはり切ないもんだ。

最近暇の時間はあまりないので、漫画はほとんど読んでなかった。昨日この漫画を一気に二話読んだけど、私を待てたのはまさかの大進展。

まずは第68話に、久留里はとうとう高杉さんに告白した。
高杉さん家のおべんとう
高杉の方はもちろん驚いたけど、その後、明確に答えできなかった。

でもフランスへ行き、飛行機の乗る前の最後の時に、彼はついに自分の気持に正直になり、そして久留里の気持ちに答えてきた。
高杉さん家のおべんとう
高杉さん家のおべんとう
その一瞬、何だか私自身もちょっと安心になってきた。羨ましいぞ、このクソ幸せ奴めw。このあとは最終回だけだね、期待してるよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です